モノ紹介 レビュー 作業環境

家庭でも業務用だと!?中古レーザープリンタがコスパ抜群すぎ

投稿日:2017年5月16日 更新日:

皆さんは家庭内で文章を印刷するとき、家庭用インクジェットプリンターを使っていますか?

自分は家庭用インクジェットと業務用レーザープリンタを併用して、最強のコスパを実現しています。

業務用プリンターって本体が高いしコスパ悪そう...と思っているそこのあなた。中古の業務用レーザープリンタが狙い目です!

スポンサーリンク

業務用でこんなにお得

業務用と聞くと、家庭用よりはるかに高価というイメージがありますよね。

確かに、業務用のレーザープリンタは家庭用のインクジェットプリンタに比べると高価です。

しかし、中古のレーザープリンタとなると訳が違います。

まず、一般的な家庭用プリンタと業務用プリンタの寿命を見ていきましょう。

プリンタの寿命は一般的に

家庭用インクジェット業務用レーザー
1~3万枚程度30万~50万枚程度

となっています。

こうやって並べてみると、家庭用プリンタの寿命は相当短いですね。

しかも、家庭用のインクジェットプリンターはトラブルがとても多い印象があります。

みなさんの家のプリンターも、ヘッドが目づまりしたりして印字がかすれたり、特定の色が出なくなってしまったりしたことがあるのではないでしょうか?

インクジェットプリンターではヘッドクリーニングをすることによって状況が改善することがありますが、クリーニングには大量のインクを使うのですればするほど印刷コストが上がってしまいます。

また、印刷時に紙の外に排出されたインクを吸い取る「廃インクタンク」という部品が限界に達するのもインクジェットプリンターが動作しなくなる原因です。

大抵のインクジェットプリンターは、この廃インクタンクが一杯になるとエラーが出て印刷ができなくなってしまいます。

その部品は自分で交換することができないので、プリンター自体は壊れていないのに泣く泣く捨てることになってしまうことでしょう。

その反面、故障率が低く定期的なメンテナンスがいらないレーザープリンタは上のようなストレスをすべて解消してくれます。

だけど中古だとまともに動かないんじゃないの?と思っている方もいるかと思います。

そんな方に納得していただけるよう、「しっかり動く中古レーザープリンタのお得な買い方」を下にまとめてみました。

ヤフオクで本体ゲット

ヤフオクでは、オフィスで使われていたであろうレーザープリンタが大量に出品されています。

なんとトナー付きで5,000円を切ることもあり、送料と合わせても6,000円以下です。

例えば、自分が今回購入したレーザープリンタは印刷カウンタが購入時点で285,597枚という割と使い込まれているLBP6700という機種でした。

しかし、レーザープリンタの寿命からしてまだまだイケそうです。特にガタが来ている部分もないので、最高の買い物になりました。

トナー交換も超激安で

トナーがなくなったとき、純正トナーを買ってしまうと激安で本体を購入できた旨みが消えてしまうので互換トナーをおすすめします。

欲しいレーザープリンタを見つけて、下の検索ツールからAmazonで互換トナーが取り扱われているか確かめてみてください。

あったらプリンタと一緒にトナーもポチっちゃいましょう!

スポンサーリンク

秘境グンマーの自称ブログライター。最近はクラウドワークスで小金を稼いだり、ブログのアクセス解析を眺めるのに幸せを感じています。

あなたへのオススメ記事

-モノ紹介, レビュー, 作業環境
-, ,

Copyright© さいめでぃ! , 2017 AllRights Reserved.

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss